【しまむら農園】山梨県

しまむら農園のイチゴ狩り

【イチゴ狩り】しまむら農園:山梨県でおすすめのイチゴ狩り

当サイトでは、おすすめのイチゴ狩りスポットをさまざまな視点から紹介していきます。

ファミリー向けか、デート向けか、イチゴ狩りの料金や品種は?など基本的な事から、周辺のレジャースポット、お得なイチゴ狩りプラン紹介サイトまで、あらゆる事を紹介してまいります。

スポンサーリンク




しまむら農園のおすすめポイント

しまむら農園のイチゴ狩り

※写真:しまむら農園公式ページより

しまむら農園のおすすめポイントは、章姫や紅ほっぺももちろん美味しいですが、他にはあまりない希少な品種のアイベリー。アイベリーは芳醇で香り高いのが特徴。高設栽培で腰をかがめずに楽な姿勢でいちご狩りを楽しめます。また、イチゴの花が咲き始めたら、化学農薬の使用はストップ。手間とコストこそかかりますが、それもすべておいしさと安全安心のため。時期をずらせばもも狩りやぶどう、さくらんぼ狩りも楽しめます。周辺スポットには。スキー場や動物園、日本三大夜景が拝める温泉など、かなり多くのレジャーが揃っているので、イチゴ狩りとのプランがかなり立てやすいのも特徴のいちご農園です。

しまむら農園のイチゴ狩り詳細

イチゴ狩り基本情報

  • 予約:要予約
  • 期間:1月〜5月下旬
  • 休み:月曜日
  • 練乳:あり/無料
  • 営業時間:10時〜15時
  • 高設栽培:あり

イチゴ狩り時間と料金

イチゴ狩り時間:30分間食べ放題

イチゴ狩り料金;3歳未満無料

  • 〜2月下旬  大人1,800円 小学生未満1,200円
  • ~4月上旬  大人1,500円 小学生未満1,000円
  • 〜5月上旬  大人1,200円 小学生未満600円
  • ~ 5月中旬 大人1,000円 小学生未満500円

食べ比べ:あり

しまむら農園のイチゴの品種

  • 章姫
  • 紅ほっぺ
  • アイベリー

しまむら農園のイチゴ狩り

以下の品種は要問い合わせ

  • かおりの
  • よつぼし
  • ほしのきらめき
  • おいCベリー
  • もういっこ

おいCベリー(おいしいべりー)の特徴

おいCベリー(おいしいべりー)の糖度:16-18度

おいCベリー(おいしいべりー)の主な産地:九州地方

おいCベリー(おいしいべりー)の特徴は、名前のままですがビタミンCの量が豊富だということです。サイズは一般的なイチゴより一回り大きいくらいで、果肉はやや硬め。どのイチゴもそうですが、食べる時期によって若干酸味が出てきます。こちらも同様で、時期が遅くなるほど酸味がでますので、1月や2月の寒い時期に食べると甘みが強く美味しいです。一般的なイチゴよりも深い赤色をしています。

お取り寄せはこちら

アイベリー(イチゴの女王)の特徴

アイベリーの糖度:12-15度

アイベリーの主な産地:愛知県

アイベリーは、愛知県の「アイ」といちごの「ベリー」から名前が取られています。サイズが大きいのが特徴のイチゴで50g以上のものも多数。通常のイチゴMサイズは15g程度ですから、その大きさを実感していただけると思います。甘さは強く、糖度は15度になるものもあり、まさにイチゴの女王。一方で酸味もあり、飽きのこない味が特徴。つやつやと光沢もあり、香りの高さも好評。ただ、その大きさから、まれに色付きがまばらであったり、糖度が行き届かず甘さもまちまちであったりという声もあります。とても大きいイチゴなだけに、大当たりに出会えたら幸せですね。見た目の派手さ、インパクトから。プレゼントや贈り物に使われることも多いそうです。

お取り寄せはこちら

おいCベリー(おいしいべりー)の特徴

おいCベリー(おいしいべりー)の糖度:16-18度

おいCベリー(おいしいべりー)の主な産地:九州地方

おいCベリー(おいしいべりー)の特徴は、名前のままですがビタミンCの量が豊富だということです。サイズは一般的なイチゴより一回り大きいくらいで、果肉はやや硬め。どのイチゴもそうですが、食べる時期によって若干酸味が出てきます。こちらも同様で、時期が遅くなるほど酸味がでますので、1月や2月の寒い時期に食べると甘みが強く美味しいです。一般的なイチゴよりも深い赤色をしています。

お取り寄せはこちら

かおり野(かおりの)の特徴

かおり野(かおりの)の糖度:11.4%

かおり野(かおりの)の主な産地:三重県

かおり野(かおりの)の特徴は、その香りと収穫時期の早さです。「女峰」「愛ベリー」「とよのか」「宝交早生」「章姫」「あかしゃのみつこ」「とちおとめ」「サンチーゴ」と、なんと8種のイチゴで品種改良されています。また、収穫時期ですが、イチゴは一般的に1月2月が主流。早くても12月というところ、このかおり野はなんと11月中旬から収穫ができるのです。

お取り寄せはこちら

もういっこの特徴

もういっこの糖度:8.7%

もういっこの主な産地:宮城県

もういっこの特徴は、根元まで色着く鮮やかな赤色です。産地は珍しく東北です。亘理郡山元町が主な産地になっていて、「もういっこ」食べたくなるほど美味しくて、宮城の寒さにも負けないイチゴを作ろうといういう思いからこの品種が生まれたそうです。甘味と酸味のバランスが良く、飽きのこないイチゴです。

お取り寄せはこちら

よつぼしの特徴

よつぼしの糖度:12-15度

よつぼしの主な産地:千葉県、九州、三重県他

よつぼしの特徴は、収穫の早さ。一般的にイチゴの収穫は早くても12月だが、この品種は11月から収穫を開始することができます。鮮紅色で形の良いきれいな果実で、非常に糖度が高く濃厚で風味が豊かなイチゴです。大きさは平均して1粒20gと標準のイチゴより一回り大きいサイズが特徴。

しまむら農園の詳細

しまむら農園のイチゴ狩り

  • 住所:〒404-0034 山梨県甲州市塩山牛奥3662-1
  • 電話:0553-33-2241
  • 駐車場:あり/30台
  • 公式サイトしまむら農園

しまむら農園へのアクセス

  • 車:中央自動車道勝沼ICから塩山方面へ約15分
  • 電車:JR塩山駅から徒歩15分:無料送迎車あり

しまむら農園のイチゴ狩り

※しまむら農園の詳しい地図はこちら

いちご狩りの予約はじゃらんnet!

いちご狩りスポットの予約はじゃらんnetが簡単・便利!

↓ポイントがたまってさらにお得!↓
商品リンク
※ページ上部の空欄「キーワード」に好みの農園名を「〇〇農園」と入力で簡単検索!

しまむら農園のイチゴ狩りをもっと楽しむ

持っていくと便利なアイテム

しまむら農園の周辺スポット

河口湖の冬花火

車でアクセスし、夜まで時間があるのならば、山梨のイチゴ狩りとセットプランに是非おすすめしたいのが河口湖の冬花火です。花火といえば夏のイメージですが、こちらは冬の花火大会です。富士山と、湖に反射する花火はここでしかみられない大絶景です。イチゴ狩りの季節とマッチしていますので、ファミリープランにも、そしてデートプランにも超おすすめのスポットです。

河口湖の冬花火とイチゴ狩り

開催:1月中旬〜2月中旬までの土日

河口湖冬花火の詳細はこちら↓

カムイみさかスキー場

都内からの移動と考えると遠く感じますが、しまむら農園からはたったの10km程度でカムイみさかスキー場に到着します。イチゴ狩りとスキー場を同じ日になんて考えると気負ってしまうかもしれませんが、イチゴ狩りシーズンは冬の時期、そして朝一がおすすめで、30分の食べ放題で終了。その後にはたっぷりと時間があります。

午後券なら4時間遊んでも2100円とリーズナブルで、子供が安心してソリで遊べるキッズタウンもあるので、イチゴ狩りとスキー場をサクッと楽しむプランは、デートにもファミリー向けにもオススメです。

カムイみさかスキー場とイチゴ狩り

カムイみさかスキー場の公式サイトはこちら

笛吹川フルーツ公園

笛吹川フルーツ公園は、その名の通りフルーツ好きが楽しめるテーマパークなので、イチゴ狩りと非常にマッチします。フルーツ系のスイーツを味わえるカフェや、果樹園、公園内にはフルーツをメインにした複数のゲームがある「くだもの館」や、遊具やぶどう棚が設置されていて、雨の日でも楽しめる「わんぱくドーム」、10種以上の遊具やアスレチックが楽しめる「遊具広場」などがあり子供も楽しめるおすすめスポットです。

笛吹川フルーツ公園とイチゴ狩り

笛吹川フルーツ公園の公式サイトはこちら

やまなしフルーツ温泉 ぷくぷく

やまなしフルーツ温泉 ぷくぷくは、笛吹川フルーツ公園からすぐの場所にある日帰り温泉施設です。湯眩郷では、男湯・女湯のそれぞれ6つずつお風呂があり、昼は富士山と甲府盆地、夜は新日本三大夜景が眺望できます。食事処「天空」では、「ほうとう」など山梨のグルメを堪能することができます。イチゴ狩りとともに、山梨ならではの絶景とグルメ、そして温泉を楽しむ贅沢なプランを立てるなら、ぜひプランに組み込みたいスポットです。

やまなしフルーツ温泉 ぷくぷくとイチゴ狩り

やまなしフルーツ温泉 ぷくぷくの公式サイトはこちら

ほったらかし温泉

ほったらかし温泉は標高700メートルほどにある温泉です。良くも悪くも温泉しかありません。ただ、高い標高からの眺めが抜群と、温泉マニア、絶景マニアからはこの解放感がかなりの高評価の温泉です。

「あっちの湯」「こっちの湯」の2種類があり、どちらも変わったテイストの温泉です。広い休憩スペースもありますし、駐車場もバッチリ、名物「温玉揚げ」もあり、いい意味で「ほったらかし」過ぎていないのもポイントです。温泉からの富士山を拝みたい方には最高のロケーションです。イチゴ狩りと合わせて自分へのご褒美にしたいプランです。

ほったらかし温泉とイチゴ狩り

ほったらかし温泉の公式サイトはこちら

遊亀公園附属動物園

遊亀公園附属動物園は、象やライオン、チンパンジーやマレーグマほか、多数の動物をみることができる動物園です。園内には子供用の小さな遊園地もあり、小さなお子様はテンションが上がること間違いなしです。

しまむら農園からの距離は10kmほどでやや離れますが、イチゴ狩り後の午後半日の立ち寄りスポットとしてスケジュールに組み込みやすい施設です。

遊亀公園附属動物園とイチゴ狩り

遊亀公園附属動物園の公式サイトはこちら




人気急上昇中の関東いちご狩りスポットはこちら!



スポンサーリンク

全てお任せ!イチゴ狩りツアー

イチゴ狩り農園が決まったら、全て任せて楽チンのイチゴ狩りツアーに申し込みましょう。

  • イチゴ狩りの料金がお得!
  • 昼食や温泉付きのツアー多数!
  • 周辺スポットもお任せで1日楽しめる!
  • 予約なのでおいしいイチゴに必ず出会える!

などなど、旅行サイトだから出来るプランが盛りだくさん。イチゴ狩りで失敗したくないなら素直にプロを頼りましょう。

おすすめは「じゃらん」です。

じゃらん

多数のイチゴ狩りプランが揃っています。宿泊や近隣レジャーの情報も満載ですのでイチゴ狩り前には是非チェックしてみてください。



このイチゴ狩り農園をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加