イチゴ狩りで人気の高設栽培(高設養液栽培)ってなに?

イチゴ狩り人気の高設栽培

イチゴ狩りで人気の高設栽培(高設養液栽培)ってなに?

イチゴ狩りの農園選びをしていると、よく目にするキーワードがあります。

それは、「高設栽培」です。

なぜ知っていただきたいかというと、この「高設栽培」を採用している農園が、イチゴ狩り客に人気だからです。ではなぜ人気なのかを確認していきましょう。

スポンサーリンク




イチゴの「高設栽培(高設養液栽培)」とは?

イチゴ狩り人気の高設栽培

一言で言えば、高いところ(地面から1メートルほど)でイチゴを栽培する方法です。これまでイチゴの農園で多くみられた、低いところ、つまり土に直接イチゴの苗を植えて栽培する土耕栽培とは違い、養液を与えながら高い位置で栽培します。

養液で育つので発育が早い?

一般的に養液を使用して栽培している場合、葉菜類の発育は早まり、結果収穫量が増えるのですが、実はイチゴにはそれほどの効果は望めないそうです。しかし、まったく関係がないというわけではなく、この方式を採用することで、収穫時期を延ばすことができるのです。つまり、私たち客にとってみれば、今まで5月までしかイチゴ狩りができなかったのに、この栽培方法をしている農園では6月まで楽しめるというメリットがあります。

農家にもお客様にもありがたい高設栽培

地面付近のイチゴを育て収穫するのはとても大変。重たい苗をたくさん抱えて、腰を折り曲げて広大な畑にイチゴの苗を植えていくのです。そんな悩みを改善するために開発されたのが、土よりも軽い素材を使って、高い位置でイチゴを栽培するこの高設栽培方法。これにより農家の方の収穫作業の負担が大幅に軽減されました。

イチゴ狩りの人気にはなんの関係があるのか?

ということですが、イチゴ狩りだって同じです。低いところのイチゴを摘むよりも、腰ぐらいの高さのイチゴを摘む方が楽ですよね。それに、あまり地面に近いところになったイチゴは土が付いていたりするので洗う手間がありますが、それも高設栽培なら心配なし。イチゴは水に弱いですから、水で洗うとすぐに甘みが逃げて行ってしまうので、甘さそのままでイチゴをいただけるのも嬉しいですね。また、車椅子をご利用の方で、低いところに手を延ばすことが困難な方にも喜ばれているようです。同じく、腰を曲げるのが大変なご年配の方にも人気なんだとか。

イチゴの高設栽培は、農園の方にも、イチゴ狩りのお客さんにもありがたい栽培方法なのです。

高設栽培(高設養液栽培)の人気の理由まとめ

イチゴ狩り人気の高設栽培

最近人気を集めているこの高設栽培のイチゴ狩り農園。実は導入するには相当なお金がかかるんだとか。それでも日々の農家の方の労働が軽減されということから導入する農家が増えているそうです。

高設栽培の様々な人気の理由は、

  • 農作業が飛躍的に楽になる
  • 農作業の効率アップ
  • イチゴの収穫時期が延長される
  • ご年配の方や車椅子をご利用の方でも楽にイチゴ狩り
  • 地面を畑にする必要がないので、足元が綺麗
  • イチゴが汚れる可能性がほぼないので洗わずに食べられる

などなど、非常にたくさんあるのです。

ちなみに、ここまで説明しておいてなんですが、従来の土耕栽培にも良いところはあります。農園によっては、この味を出すには土耕しかないとこだわりを持たれている農園も多数あります。農園の肥沃な土壌と、自然の恵みである美しい水でしか育たない繊細なイチゴがあるんです。そんなイチゴに出会ったら、イチゴファンとしては最高ですね。

どちらも大切にしていきたい栽培方法です。

イチゴ狩りの知識や、準備ができたら、早速お好みのイチゴ狩り農園を探しましょう!ページ上部にあるメニューから、様々な条件でイチゴ狩りの農園を検索できます。

イチゴ狩りに行くならこちらもチェック




人気急上昇中の関東いちご狩りスポットはこちら!



スポンサーリンク

全てお任せ!イチゴ狩りツアー

イチゴ狩り農園が決まったら、全て任せて楽チンのイチゴ狩りツアーに申し込みましょう。

  • イチゴ狩りの料金がお得!
  • 昼食や温泉付きのツアー多数!
  • 周辺スポットもお任せで1日楽しめる!
  • 予約なのでおいしいイチゴに必ず出会える!

などなど、旅行サイトだから出来るプランが盛りだくさん。イチゴ狩りで失敗したくないなら素直にプロを頼りましょう。

おすすめは「じゃらん」です。

じゃらん

多数のイチゴ狩りプランが揃っています。宿泊や近隣レジャーの情報も満載ですのでイチゴ狩り前には是非チェックしてみてください。

このイチゴ狩り農園をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加